孟宗と干煸四季豆

干煸四季豆とはなんぞや??  後半で紹介いたします。

天気が良いのでゼンマイを干します!

DSC00947
DSC00947 posted by (C)つぬまる

ちょっと無理やりな感じで干してますw


この日のターゲットは孟宗竹

DSC00937
DSC00937 posted by (C)つぬまる

tさんの縄張りで孟宗を頂いてきました。




DSC00944
DSC00944 posted by (C)つぬまる





昼飯は亀屋のチャーシュー麺!!  うまい!

DSC00939
DSC00939 posted by (C)つぬまる


DSC00940
DSC00940 posted by (C)つぬまる




DSC00943
DSC00943 posted by (C)つぬまる


さて。自宅へ帰って竹の子の下処理。採り立ては茹でるだけでアク抜き不要です!本当に贅沢!素晴らしい^^


そしてまた山へ。



 DSC00948
DSC00948 posted by (C)つぬまる



ゼンマイみょいーーん!




DSC00951
DSC00951 posted by (C)つぬまる




ゼンマイは水はけの良い北向きの斜面に群生すると言いますが~


ここは絶壁^^;


DSC_0369
DSC_0369 posted by (C)つぬまる


立っているのもやっとで

手を地面から離すと奈落系^^;

写真はプルプル震えながら撮りましたw


非常にきついが楽しい~~




休める木の根元で一休み!

DSC_0370
DSC_0370 posted by (C)つぬまる


さあゼンマイを収穫して帰って孟宗をヤツけますか!!


DSC00953
DSC00953 posted by (C)つぬまる


DSC00955
DSC00955 posted by (C)つぬまる


山へ行っていたので手はかけれませんでしたが竹の子ご飯に若竹煮にしました。
木の芽は前日に採取したヤツ^^



さてコゴミも採って来たので以前から構想のあった料理に仕立てます!!

干煸四季豆 (ガンビェンスージードウ)です!


四川料理の焼インゲンのピリ辛炒めです。

インゲンの炒め物ではなく「焼き」と言うところがミソですね。

インゲンをかるく湯がくもしくは素揚げしてから(もしくはそのまま)「焼く」のであります!

水分を飛ばして味を入りやすくするという技法です。  「ナルホド」である><

DSC_0390
DSC_0390 posted by (C)つぬまる


コンビニにあった中華の本で見かけた料理だw



調べるとどうも作り方がまばらで要領を得ない^^;

自分の解釈で調理することにした。


まず肉味噌を作る。ニンニクにトウチジャンベース。醤油、紹興酒、砂糖

DSC_0378
DSC_0378 posted by (C)つぬまる


コゴミは茹でると葉の部分が水を含んでしまうのでそのまま焼く事にした。(素揚げなら油を吸う^^;)

DSC00956
DSC00956 posted by (C)つぬまる

最初だけ強めの火であおり 熱が軽く入ったら中火で焼き付け水分を飛ばす。

炒めるのではなく「焼く」だ!

水分を飛ばしたら味付け済みの肉味噌を投入し軽く「炒める」


天盛りは四川料理なので花椒と言いたいがここは摘んできた木の芽で


DSC00959
DSC00959 posted by (C)つぬまる



これは新感覚で旨いコゴミ料理でした!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

驚きの

今晩は、takeさんのところから来ました~。
いつもつぬまるさんのプロの技術にびっくりしてました。
前の魯肉飯も凄かったけど、今回のこのメニューは、台湾のお総菜としてあんまり日本では見ないものなので、選球眼の良さに唸りました(笑)。
しかも、アレンジで山菜を取り込むところも、台湾家庭料理っぽい。

台湾では、つぬまるさんの作るようなお総菜が、小皿に入れて棚に置いてあってメインのご飯ものや麺の他につまめるようになっているので色々選べて楽しいのです。

今度ぜひ、takeさんやご家族との台湾グルメ旅レポートをお願いします。

Re: 驚きの

> かんずり旨しさん
コメントありがとうございます

この料理をご存知なのですね!!すごいです!!ワタシはブロブに書いた本でしか知らないし当然食べた事もないので妄想がふくらむばかりでして~
グルメな方と言うよりプロの方なのかな?と思ってしまいました、ワタシの料理など素人の手習い程度なので恥ずかしいです^^;

日本の中華料理は陳 建民さんがアレンジしたものが多く本場の作り方ってなかなか解らないんですよね・・
ホイコーローなどは食材の旬が合わないので以前からおかしいと思っていたら本場のはキャベツは入らないし全然別物なのだそうですね。

台湾の屋台の料理は一度は体験したいですね~~
あの料理が並んだ屋台ですね~魅力的です!

いやいや

自分は食い意地のはった素人です(笑)。
こないだも、takeさんのブログにタラの芽とウドの芽を間違えてコメント書いて赤っ恥掻きました~。

つぬまるさんだったら、台湾グルメも色々なアイディアでステキ料理にメタモルフォーゼさせられると思いますよ。台湾て町の先には山があって、新潟と似てますから地の自然の恵みが豊かなんです。
台湾の人も、社会主義国家にはならかった為に伝統的な文化が沢山残ってたり、大陸の地方料理が持ち込まれ、少数民族や、日本の影響を受け、舌がいいんです。
みんな料理ごとにお気に入りの隠し球を持っていて、そのこだわりたるや凄いものです(笑)。
是非、一度行ってみて鱈腹堪能してきて下さい~。特に「臭豆腐」食べてみて、感想聞かせて欲しいです。自分は好きなんですけど、チーズや発酵系ダメな人は絶対イヤみたいで・・。きっとつぬまるさんなら解ってくれるんじゃないかな(笑)。

Re: いやいや

> かんずり旨しさん
なるほど。台湾は文化的にも旨いモノがある訳ですね!
中華料理は洋食より未知の調味料が多く難しいです(^^;
臭豆腐は調味料としてならお目にかかった事がありますがそのままは未体験ですね(^^;

歴史や文化から料理の事を考えるとはやっぱり!かんずり旨しさんはかなり食の事が好きなんですね(^^)
プロフィール

つぬまる

Author:つぬまる
こんにちはつぬ丸です
長いこと○ixi会員ですが最近かそりぎみ
こっちもやってみようかな~と登録したのが数年前w

なが~~い放置からいま目覚める・・・のか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR